ヒラマサからヒラメまで最新泳がせ釣り仕掛け

みなさんこんにちは!(^O^)!青物釣りいってますか?
今年の瀬戸内地方と山陰地方は、シーズン序盤は釣果もいまいちだったものの、中盤から終盤にかけて沢山青物が上がっています。特に今年の特徴は、大物が数多く釣りあげられているようで、まさに数年に一度の当たり年ではないでしょうか!。12月になっても釣果が出ているようなので、このままいくと年末まで釣れつづくと思われます。

本日は、泳がせ釣りの新しい仕掛けをご紹介したいと思います。
ジグでは釣れにくいシーズンになっても、泳がせ釣りではガンガン釣れるのでマネしてみてください。

さて、最近の青物ブームで、釣り場に人が多くなったと思いませんか?

限られた場所に人が集中するので、非常に釣りずらいと思うこともしばしば⤵

みなさん泳がせ釣りと聞いて、まず思い浮かべるのが”ウキを付けた流し釣り”ではないでしょうか。
潮の流れに任せてウキを流していく釣り方です。広く探ることができ、棚も思うままに調整できるのが特徴で、市販されている仕掛けで一番多いのがこの釣り方になります。

確かに良く釣れる方法ですが、どうしてもウキが流れてしまう為、お隣さんとお祭りになるリスクが高くなります、この釣り方の弱点は釣り場のスペースになります。沖堤防のような足もとに落とすだけであれば、これもありですが、人が多い地元のショアからは、やはりリスクが大きい釣り方です。

つづいて思い浮かぶ釣り方は”ぶっこみ仕掛け”と”エレベーター仕掛け”ですよね。
エレベーター仕掛けは、仕掛けが流されにくく、エサのアジに抵抗が少ないため、エサが長持ちする特徴があります。
この釣り方なら、隣とお祭りするリスクが減るため、私も気に入って使っていた釣り方ですが、この釣り方の弱点は、エサのアジを棚に送り込むのが難しい点と、ヒットからフッキングまでにタイムロスがある点です。

エレベーター仕掛けは、気が付くとエサのアジが全く潜って無く足もとで”ぴちゃぴちゃ”している時があります。周りが釣れているのに自分だけ釣れず、慌てて投げなおすこともしばしばです⤵

さらに、やっとヒットしてもスナップがオモリに到達しないとフッキングできないため、ブリやヒラマサが違和感を感じエサのアジを放してしまうこともよくあります。せっかく当たったら釣りあげたいですよね。

そこで本日は、目からウロコの新しい泳がせ釣り仕掛けを紹介したいと思います。

***【用意するもの】***
●チューブ型ストレート天秤
●スパイク型オモリ20号~30号
●シモリ玉
●パワースイベル
●ハリス5号~10号
●カン付き伊勢尼10号
●がまかつ泳がせヒラメ6号

まず、チューブ型ストレート天秤を用意します。天秤は安いもので十分です。


チューブ天秤にPEラインを通します。


天秤にPEを通せたら、シモリ玉を通します。

パワースイベルを付けます。スイベルも安いもので十分です。

フロロカーボンハリスを付けます。
ハリスは80㎝~1mで十分です。ハリスはあまり長ぐしない方が磯場で投げやすくなります。

ハリスの太さはお好みで選んでください。目安は5号~10号くらいです。
青物の場合ハリスが太くても釣れます。磯などで釣れた時に魚を抜き上げたい場合は太い方が有利ですね。

次に、カン付き伊勢尼10号をハリスに結びます。

この時ハリスを30㎝ほど長めに残してください。

カン付き伊勢尼の下にがまかつ泳がせヒラメ6号を付けます。

この針はアジの背中に挿す針が付いていて、手返しよくトレーラー針を魚に付けることが出来る優れものです。

伊勢尼針とトレーラー針の間隔は約20㎝くらいです、適当でかまいません。

天秤にオモリを取り付けて完成です。

オモリの重さはお好みで20号~30号くらいです。スパイク型が流されにくくおすすめです。

仕掛けが出来たらエサのアジを付けます。
まず、上の伊勢尼針をアジの鼻に掛けします。

つずいてトレーラーフックをアジの背中に掛けます。
この針は専用フックがあるので、ものすごく掛けやすいです。

さあ、あとは軽く投げ込んで、糸ふけを取り、竿を持って行かれないようにドラグゆるゆるであたりを待つだけです。

【即あわせ可能な全遊動仕掛け】

【まとめ】
■この仕掛けで泳がせを行うメリット!
チューブ型天秤を使用するため魚に悟られることがありません!
ヒットからフッキングまでスムーズに行える!
トレーラーフックがあるため魚を逃しません!
エサを海底まで確実に届けることが出来る!

以上、今のところこの釣り方で魚を逃したことがありません。おすすめですよ!

タイトルとURLをコピーしました